忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

社長小西です。

先日、
建築の仕事をしてみたいと言う中学生の
職業体験が行なわれました。

男子3人、女子1人の中学生
初めに私が挨拶し、名刺を渡すと
彼らも作ってきたと言う、
手書きで味のある名刺をいただきました。

初め
弊社の業務と
建築の専門家としての職能責任を話し、

一番彼らに近い、新人の工藤が
どのように建築を学んできたのかを話し
大橋がJW、CADの操作を教え
永田がプランニングの方法をレクチャーし
その後、実際のデータを利用して
彼らながらの
プランニングとプレゼンをしてもらいました。

設計者になりたいと言う女の子は
名刺もちゃんとデザインしており、
「建築士になる為には高校はどこに行った方が良いです
との質問
なかなか将来性がある。

お父さんが設計者(設計事務所)と言う
男の子は受け答えも頼もしい言い回しで将来有望です。

もう一人の体格の良い男の子は
人から好かれそうなタイプでゼネコンの現場事務所に
いるタイプ

左から2番目にすわった男の子は
ボソッと
「俺は大工になるんだ・・・」

この子はなかなかだ・・

みんなに私が「建築の価値は何だろう?」の質問をした
建築の価値はお金の価値と同じだろうか?

まったく同じキッチン購入した2人のケース
友達同士の会話

ある人は
「200万円と言われたんだけど、値引き交渉をして
 半額の100万円で買った」
「すごくいいものを安く買った!」
と喜んでいる。

また、ある人は
「メーカーから直接安く買える人を知っていて
 キッチンを50万円でかったの・・・
 すごく良いキッチンだとは思うのだけれど
 私はあなたと違って値引き交渉できないし、
 あなたの半分の値段だから私のは安物だと思う」
との言葉

このように建築とはお金の価値で判断できないものなんだ
みんなも気に入ったものは金額で決められないはず

と話したのですが

この大工志望の彼はまたボソッと
「俺は作ったものが人に喜ばれることが好きなんだ・・」

こいつはなかなかすごい「君はすごいな!!」を
連発してしまった。
大人でもなかなかこんなに自分を持っているやつはいない

それに私が30年見てきた大工の中でも
数人にしかいない職人特有の目をしている。
こいつは良い大工になるぞ

彼らの中で
数年後にうちに来てくれるのはいるかな?

PR
はじめに


こちらは一級建築士事務所(株)
小西建築工房のスタッフブログです。

小西建築工房ホームページ
下記URLからご覧いただけます。
 ≫ http://koni-k.com/

札幌市清田区平岡2条6丁目4-30
Tel 011-884-8211

小西建築工房よりお知らせ

※ スタッフ募集 ※

只今、業務多忙の為スタッフ募集中です。詳細は【採用情報】をご覧ください。
最新記事
 (07/21)
 (12/24)
 (11/15)
 (10/24)
 (08/06)
 (07/22)
アーカイブ

ブログ内検索
携帯用QRコード

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]