忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小西です。

60c189cb.jpg
















f04e8dd0.jpg















ずいぶん前になりますが
北海道の建築家カタログの今年度版に
(社団法人日本建築家協会から出ています)
掲載させていただきました。

ところで建築家って何でしょうね?

建築の専門家であればみんな建築家?

いわゆるデザイン事務所の先生は建築家?

自分で建築家と言えば建築家?

明確には建築家の定義はある様でないのですが
世界的には
建築家を職能者(プロフェッション)として
医師や弁護士と同じように
その人によっての生産物が無い立ち場
その行為自体やその人自体がその価値としています。

世界の解釈では
生産物があるのは施工者(建築会社)の
商品開発「技術者=エンジニア」と建築家とは分けて
建築家はデザイナーとかアーキテクトと言われています。

日本では建築家を職業のひとつとして扱い
一般的には
1、建築関連の何らかの賞を受賞した人物
2、著名建築物の設計等で広く名前が知られた人物
3、日本建築家協会の会員である人物
としていますので、

日本と諸外国は基本的な考え方がずいぶん違うようです。
(自分は世界の定義が正解だと思っています)

ウィキペディアにはこのように書いてあります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BB%BA%E7%AF%89%E5%AE%B6

社)日本建築家協会(略称:JIA)では
※世界的には国際建築家連合(略称:UIA)
 建築家職能原則に従って、
 同協会への入会資格を以下のように定めています。

1、専業で建築設計監理業務を行なう者
(建築会社などに属さない独立性が高いこと)
2、前記業務を行なう組織の主宰者または協同者
3、責任ある立場で設計監理業務を行なっている者
4、、前記の立場に相当し公的資格を持つ者
とされています。

これはJIAの入会資格ですが
さらにJIAの有識者で審議された資格制度がありまして
登録建築家と言うランクがあり
それを建築家の公けの資格としているようです。

いろいろ言われていますが
設計事務所代表でなくても
普通のスタッフであっても建築家になって良いと思います。

さらに経験や実績、何かで賞を取ったとか取らないとか
も重要な問題ではないと思っていて、

職能倫理感をきちんと持っている
建築の専門家の人が建築家なのだと思っています。
PR
はじめに


こちらは一級建築士事務所(株)
小西建築工房のスタッフブログです。

小西建築工房ホームページ
下記URLからご覧いただけます。
 ≫ http://koni-k.com/

札幌市清田区平岡2条6丁目4-30
Tel 011-884-8211

小西建築工房よりお知らせ

※ スタッフ募集 ※

只今、業務多忙の為スタッフ募集中です。詳細は【採用情報】をご覧ください。
最新記事
 (12/24)
 (11/15)
 (10/24)
 (10/01)
 (08/06)
 (07/22)
アーカイブ

ブログ内検索
携帯用QRコード

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]