忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

学生時代頻繁に通った映画館は、
私にとって特別な空間でした。
最近の映画館のように完全入れ替え制ではないので
好きな映画は同じ座席でもう一度見たりしたものです・・・。(懐)

ニューシネマの始まりの時代はまだ幼かったので
封切作品の公開時を覚えていません。
有名な映画は、後にリバイバル上映で出会いました。
(年の離れた映画好きの姉が小学生の私を映画館に連れて行ってくれましたので
実年齢プラス7~10年くらいの映画情報を知っていました。)

ニューシネマの作品は、見終わった後に楽しくなくて
どんより悩んで苦しんで、大人への階段を登ったような気がします。

『俺たちに明日はない』『卒業』『イージー・ライダー』
『明日に向って撃て!』『真夜中のカーボーイ』
『いちご白書』『ダーティハリー』
『カッコーの巣の上で』『タクシー・ドライバー』などがそうです。

封切りから時が流れても、
リバイバル劇場が同じ感動を与えてくれました
(ビデオやDVDでは、映画館と同じ感動を味わう事が出来ません)

楽しいミュージカルも全てリバイバル体験でした。
「王様と私」「南太平洋」「サウンドオブミュージック」
「ヘアー」「ジーザス・クライスト・スーパースター」
「ウエストサイド・ストーリー」「オズの魔法使い」「キャバレー」

古き良き映画の時代
「カサブランカ」「ある夜の出来事」「風と共に去りぬ」
「ローマの休日」「旅情」「エデンの東」「理由なき反抗」
「ベンハー」「十戒」etc.
チャップリンの作品ともリバイバル劇場で出会いました。

ニューシネマの時代の後半に
パニックもの ホラーものが沢山公開されました。
地震が起きたり 
火事になったり 
船が沈んだり 
飛行機事故シリーズだったり・・・
「エクソシスト」「オーメン」「シャイニング」なども
一つの映画の歴史を作ったと思います。

悪役を人間が演じていると
どんな人でも情が移ってしまい、
ラストに射殺されたりすると悲しいので・・・

その悪役を世界中の人が嫌いな「サメ」にしちゃったらどう?
と言う事で、
ラストでは、すっきり爽やか拍手喝采!
あの、「ジョーズ」(スピルバーグ監督)が公開されました。

巨大な宇宙船がやって来て、人間とコンタクトをとったり
「未知との遭遇」(ルーカス監督)
宇宙人と人間の子供が友達になったり
「E.T.」(スピルバーグ監督)
昔々、銀河系の彼方で繰り広げられた物語であったり
「スター・ウォーズ」(ルーカス監督)

映画は娯楽なのだと思い出させてくれた貴重な映画の時代は
リイバルではなく幼いながら実体験しました。
スターウォーズが公開された時には、
「劇場から出てくる人が皆笑っている!」という事に驚きました。

その頃、
「あの、あの天才スピルバーグ監督とルーカス監督が
一緒に仕事をするらしい・・・」
当時買っていた映画雑誌の製作ニュースを見てコーフンしたのを覚えています。

日本の黒澤監督を尊敬し、ボギーに憧れて
映画を愛して愛して育った天才が手を組んで
思いっきり娯楽映画を作ることになったのです。

それが、
「INDIANA JONES インディ・ジョーンズ」の始まり
「レイダース」でした。
(主人公の本当の名前はインディアナですが
通称インディと呼ばれています)

さぁ、あの頃映画好きだった少年少女の皆さん。
「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」を鑑賞して
過去の自分に戻りましょう。
テーマソングを聞いただけでスイッチが入ります。
(お若い方は、おじいちゃんインディを許してあげてくださいね。)

かつての少年少女映画ファンへのご褒美映像満載。(笑)
インディアナジョーンズは、ボギースタイルを意識していてすてき。

ありえない!冒険活劇漫画のような設定も楽しいです。
笑える人にしか笑えない短い台詞や小道具
撮影アングルなどがいっぱいなのです。
あの頃の二人の監督作品のパロディですから。

「あぁ~!!あれって、例のあれよね!?」
「そうそう、レイダースの最後のあれっ。」のような(笑)
固有名詞忘れ放題の、分かり合える会話が展開されます。

あの頃をご存じない方は、
インディの前作をレンタルして鑑賞する事をオススメしたいです。
PR
はじめに


こちらは一級建築士事務所(株)
小西建築工房のスタッフブログです。

小西建築工房ホームページ
下記URLからご覧いただけます。
 ≫ http://koni-k.com/

札幌市清田区平岡2条6丁目4-30
Tel 011-884-8211

小西建築工房よりお知らせ

※ スタッフ募集 ※

只今、業務多忙の為スタッフ募集中です。詳細は【採用情報】をご覧ください。
最新記事
 (12/24)
 (11/15)
 (10/24)
 (10/01)
 (08/06)
 (07/22)
アーカイブ

ブログ内検索
携帯用QRコード

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]